断捨離の方法 ※賢くスッキリさせるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 断捨離のやり方は?

断捨離のやり方は?

断捨離の賢いやり方は?

断捨離のやり方ですが、まずは自分が持っているものの棚卸しからはじめます。
現在、自分が何を持っているのかを把握することが第一段階です。

といっても、いきなり全てをはじめようとすると大変なので、少しずつはじめていきましょう。
たとえば、まずは机の上からとか、まずはクローゼットの中からというように、断捨離する部分を区切って、そこからやっていきましょう。

例えば、クローゼットの中を断捨離する場合、まずはクローゼットの中のものを全て一度外に出します。
そしてすべてのものについて、自分にとって本当に必要かどうかを評価していきます。
現在も毎日使っているもの、1年に1度は使うもの、今後使う予定がないものに分類します。

毎日使っているものは当然必要なものですが、評価が必要なのはそれ以外のもの。
1年に1度使うものについて、その1年に1度だけ使うシーンが、自分にとって本当に重要か考えます。

例えば、毎年1年に1度だけセーターを編むという場合、セーター用の毛糸は1年に1度だけ使うことになります。
でも、毎年セーターを編むことが、本当に自分にとって大事かどうか考えます。
例えば、自分の家族のためにも毎年必ずセーターを編んであげたいと思っていて、家族もそれを喜んでいるのなら、きっと大事なことなのでしょう。

でも、振り返ってよく考えてみたときに、それがあまり大事なことと思えないようなら、1年に1度しか使わないセーター用の毛糸は自分にとってあまり必要がないと考えることができます。
そうなったら、断捨離として思い切って処分してしまいましょう。

一方、今後使う予定がないものは評価が簡単と思うかもしれませんが、実はそうでもないです。
今後使わないとしても大事なものってありますよね。
例えば、アルバムなどの思い出のもの、思い入れのあるものです。
使うわけではないけど、大事な思い出や思い入れがある・・・。
そういうものって多いですよね。
子供のころ大事にしていたぬいぐるみ、初めて買ったCD、元彼にもらったラブレターなんかもあるかも。

でも、そういうものこそ断捨離すべきものなんです。
思い入れがあるから何となく捨てられない。
そういうものをきちんと見つめ、自分にとって本当に大事なものかどうかを見直します。
それこそ断捨離で一番大事なポイントです。

おそらく、家族のアルバムなどは処分すべきでないもので、元彼のラブレターなんかは処分すべきもにになると思います。
とはいえ、何を捨てるかは、その人の価値観によると思うので正解はありません。
大事なことは、何でもかんでも捨てればいいというわけではないということです。